« アミアンへ到着(大雨) | トップページ | 無事にパリへ・・・(曇り時々雨) »

旅は道づれ、ルーアンの巻(曇り時々雨)

朝7時、ホテルでチェックアウトを済ませ、駅でルーアン行きのバスを探していると、
国鉄職員が乗り場まで案内してくれた。(珍しく親切!たまにこういう人がいる~)

分かりづらい場所にある、薄暗い倉庫のようなバス停留所に
“本当にここでいいのかしら…”という不安気な人々が少しずつ増えてきた。
みんなそれぞれに「何処へ行くんですか?ルーアンですか?」と確認しつつ、
この1本に乗り遅れないよう必死な朝。苦笑

Ro001autobus

20分遅れでバスが到着、少々心配だったので、
運転手さんに「このバスはルーアンに行きますよね?」と確認した途端、
「そんなの知らないよ、国鉄職員に聞けばいいじゃないか!」とめちゃめちゃ不機嫌。
この感情をむき出しに大声を出すのもフランス人の特徴・・・
“貴方が運転していくんでしょ!!”と言いたい気持ちをぐーっと抑えて肩を竦めた。

ルーアンから満員のお客さんを乗せて2時間以上運転し、
またルーアンへ戻らなければならないムッシュの気持ちを考えれば、
不機嫌になるのも仕方ないのだが。 でもね・・・でしょ?

Ro003autobus

濃霧で視界が悪い中、かなりのスピードでぶっ飛ばし(怖っ!足踏ん張るー)
それでもやっぱり2時間半かかってルーアンへ到着。
写真上:途中停車した小さな街でバスの中からパチリ。

Ro008gare_de_rouen

レトロな雰囲気のルーアン駅。近郊からの通勤者がいっぱいの朝

Ro009tour_jeanne_darc_3

Ro011tour_jeanne_darc_2

駅を出るとすぐに“ジャンヌ・ダルクの塔”がある。
ルーアンはジャンヌ・ダルクが火炙りで処刑された悲しい歴史がある街。
「ここはね、ジャンヌ・ダルクが処刑されるまで閉じ込められていた塔なんですよ…」と、
突然カタコトの日本語が聞こえてきた。振り返ると、白髪のムッシュが微笑んでいた。
「そうなんですか…」という私に、街の中心までご案内しましょう。
と穏やかな声で話し始めた。
(うーん、これは荒手のナンパか?)と警戒心を強める私。

Ro028ville_de_rouen

Ro037ville_de_rouen

しかしムッシュは少し悪い左足をかばいながら、
フランス人にしては珍しく大きな傘を持って私の前をスタスタと歩いた。
話によると彼は車のドライバーで、企業の送迎や、観光ガイドなどをしていて、
この日は休暇を使いルーアンの視察にきていたと言う。
穏やかな話し方に私の警戒心も薄れ、観光しつつ色々なお話しを伺った。

Ro043eglise_saintmaclou

Ro0401eglise_saintmaclou

レースのような美しい装飾のサン・マクルー教会

どちらかといえば口数の少ないムッシュ、ふっと寂しげに見えたのは、
最近、お父様と日本人の奥様をあいついで亡くされたからだろうか・・・
私が日本人だと分かり、日本語でお話がしたかったのかな…と思うと、
何だか胸が痛くなった。
旅は道づれ世は情け、結局ルーアンの街を一緒に観光することにした。

Ro064cathedrale_notredame_de_rouen

Ro054cathedrale_notredame_de_rouen

Ro058cathedrale_notredame_de_rouen

まずはルーアンの大聖堂へ。
12世紀に着工し16世紀に完成したゴシック様式の最高傑作のひとつ。
フライボワイヤン様式の装飾は“石の刺繍”と呼ばれるほどの繊細な美しさ。
19世紀にモネが、30点を超える大聖堂を描いたことでも有名。

Ro049office_de_tourisme
大聖堂前にある古いこの建物の2階からモネは大聖堂を描いていた。

Ro083place_du_vieux_marche

Ro144ville_de_rouen

Ro148rue_eau_de_robec

アミアンと違い、ルーアンの旧市街地には中世の街並みがまだ現存している。

Ro066dame_cakes

Ro068dame_cakes_2

Ro071dame_cakes_2

 

 




ムッシュがルーアンに来る度立ち寄るという、エレガントなカフェでランチを…
ちょっと神経質なムッシュは食事の前に手を洗い、Bioを愛好するベジタリアン。
やっぱりフランス人じゃないみたい・・・笑
美味しそうなキッシュとご当地ノルマンディのシードルで、旅の出会いに乾杯した。

その後もムッシュの慣れたガイドのおかげで、効率よく街を巡る事ができた。

Ro075palais_de_justice

とても素敵な建物は裁判所。15-16世紀建造。

Ro086eglise_stjeannedarc

Ro093eglise_stjeannedarc_2

Ro089eglise_stjeannedarc
悲劇の広場にはジャンヌ・ダルク教会。この十字架の場所でジャンヌは処刑された。

Ro123rue_du_gros_horloge_2

Ro126rue_du_gros_horloge

Ro130rue_du_gros_horloge



ルーアンといえば、16世紀に造られたルネッサンス様式の大時計。
大聖堂とジャンヌ・ダルク教会を結ぶこの通りは昔の建物が多く、
ルーアンで最も賑やかな場所。

Ro020le_vieux_carre

Ro017le_vieux_carre

Ro022le_vieux_carre




街を巡った後、とても可愛らしいホテルのカフェでお茶をいただいた。
ここもムッシュのお勧め。中庭がとっても可愛くて一目ぼれしました。
もしまたルーアンに来ることがあったら、絶対にこの宿に泊まりたい・・・
(人気の宿らしく、この日は満室だった)

Ro158hotel_de_la_cathedrale

Ro175hotel_de_la_cathedrale

Ro169hotel_de_la_cathedrale

ホテルに戻り、今日の出来事を振り返り一人笑った。
「また明日の朝、迎えに来ますね」と、下心満々のフランス人らしからぬ爽やかさで
去っていったムッシュが、まるで英国紳士のように思えたからだ。

« アミアンへ到着(大雨) | トップページ | 無事にパリへ・・・(曇り時々雨) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アミアンへ到着(大雨) | トップページ | 無事にパリへ・・・(曇り時々雨) »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ